FXスプレッド固定業者を選ぶメリットとデメリットは?

 

スプレッドが固定されているということは、計算しやすいという点で大きなメリットはあるでしょう。

 

例えばドル円のスプレッドが1銭で固定されている場合、基本的にはスプレッドは1銭ですから、買いでエントリーした場合には1銭だけ円安へと動けばコスト抜けとなります。

 

逆に、売りでエントリーした場合には、1 銭だけ円高になればコスト抜けとなります。

 

このように、スプレッドが固定されていることによって、トレードの幅を予測できればコストを抜けるかどうかがすぐに分かるというメリットはあります。

 

デメリットもいくつかあります。

 

相場が急変するという事態になればスプレッドが広がることもあります。

 

これは契約によって異なります。

 

完全固定と原則固定とでは意味が異なり、原則固定では相場が急変するとスプレッドが広がることがあるという事です。

 

ですから、信頼できるFX業者でなければ、スプレッド固定と書いてあっても意味がないといえるでしょう。

 

もう一つのデメリットを挙げるなら、スプレッドを広い幅で固定しているFX業者もあるということです。

 

例えばスプレッドを1銭で固定しているFX業者も多いと思いますが、FX業者によってはスプレッドが変動するものの、1銭未満の範囲で変動するものもあります。

 

広いスプレッドで固定されていれば、安定して高い手数料を必要とするということになりますから、得であるとは言い切れないのではないでしょうか。

 

スプレッド固定という言葉よりも、実質的にスプレッドがどれくらいなのかを見極める必要があるでしょう。

 

FXシストレをするならスプレッドが狭い業者を選ぼう!

FXシストレランキング!自動売買で選ばれるのは?【おすすめ業者比較】
FXシストレに有利に働くスプレッドが狭い業者を厳選してみました。また、FXシストレをする上でのメリット・デメリット。どんな人に向いているのかなどを解説しています。
www.fx-systre-ranking.com/